使い方に注意

子供01消火器の使い方を知らないと、制御不能になってしまい、使用に失敗してしまう可能性があります。使い方を知らない人では、そのようなことも珍しくないので、使用上の注意をよく確認することです。まず、消火器は「安全ピン」を抜かなければ、消火剤の噴射ができません。これは一度きりで、抜いてしまうと使い切りのタイプがほとんどです。その後、対象をめがけて吹きかける、という単純な構造になっています。
ただし、気をつけなければならないことは予想以上に反発があるということです。消火の噴射をしているときに、反発があるため、なかなかうまく消火ができない、ということがよくあります。このような制御ができない状態になってしまうと、いろいろと不便な傾向を示すことになってしまいます。意識して、消火のための防火対策を講じることで、予防的な措置を取ることができますので、特に体力的に自信がない女性の場合にはどのように対象に対して使用するのか、という使い方をチェックしておいてください。せっかくの消火器も使い方が正しくないと、消火剤を対象の火災の抑止に使用することができません。また、安全ピンを抜く、ということを知らずにパニックになってしまうことがあります。安全ピンを抜き、その後、対象に対して手でレバーを握って吹きかける手順をよく確認しておいてください。

コメントは受け付けていません。