火災に対する用心の意識

マンション管理者や施設管理者は火災に対する用心が必要です。特に日頃から意識していないと、それらの防火対策が十分にできないため、被害を発生させることがあります。火災が発生してしまったときには、消火器の使用などを含め、マニュアルは避難の方法を知っておくことが大切です。全国で、集団住宅や飲食店施設で、火災によって悲惨な被害が発生しまっている報道がされていますが、これらの責任、防火責任者としての対応を十分に意識して、消火器の配置などは確認しておくことです。
集団住宅や飲食店の施設の場合、どこにこれらの火災予防の施設を配置しておくべきか、ということも大切になります。消防法で消火器の設置場所や、大型施設での消火器の本数、チェックすべき年数や演習の有無、防火責任者の明示などは決まっていますが、形だけになってしまって、そのままにされてしまっています。タイタニックの沈没のときには、沈没するなどは考えていなかったため、救命ボートが乗客の半分しか積載されていなかったことは有名ですが、実際に準備がいい加減になってしまうと、消火のときの対応が遅れてしまうことになりかねないので、万一のときのために、十分に用心を怠らないでください。

コメントは受け付けていません。