便利な小型版

大型の消火器ばかりでなく、現在はインターネットで小型版の消火器も販売されています。これらは2、3千円で購入することができるので、個人経営の飲食店や車に積載するときにも便利でオススメです。消火器の使い方も大型のように準備が必要ではなく簡単で、単純にスプレー状になっていて、対象にふきかけるだけ、というシンプルな仕組みになっているので、誰でも使うことができます。
小型版の便利は、価格が安いことと、場所を取らないので、どこにでも常備することができるということがあります。よく個人の飲食店である展開としては調理場で油に引火してしまい、制御ができなくなってしまったときにどうやって消火するかというときにパニックになってしまわないように、小型版の消火器を設置しておけば、それを吹きかけるだけなので、火災の抑止になります。ただし気をつけなければならないのは当然ながら弱点もあるということです。大型に比べて、中に入っている消火剤が少ないので、本格的な火事になってしまったときには、威力の面で消火効果はそれほど期待できない、ということがあります。この点については、初期消火に役立つ、という観点から常備するべきであり、大きな消火のときには通常の消火器やそのほかの方法を準備しておくことが望ましいといえます。

コメントは受け付けていません。